コーヒー牛乳ミルクコーヒー

カフェラテカフェオレの違いってなんでしょう?

コーヒー牛乳は、牛乳、コーヒー、砂糖などで作られた乳飲料です。

スポンサードリンク



ミルクコーヒー英語
カフェラテイタリア語
カフェオレフランス語

これ、すべて「コーヒー牛乳」のことです。コーヒー牛乳を外国語で言ってるだけなんですね。

ちなみに、カフェラテは、エスプレッソ(抽出方法)と牛乳を、2対8の割合で混ぜた飲料です。

カフェラテは、ドリップコーヒーにエスプレッソに温めた牛乳を加えたものです。ドリップコーヒーに比べ抽出時間が早いコーヒーのことをさすイタリア語のエスプレッソ (espresso) と同じ語源でもあります。

その他にも「エスプレッソ」という言葉には、「特別に、注文ごとに」という意味があります。実際、これが「エスプレッソ」の名前の由来になったという説もあるそうです。

イタリアには、「エスプレッソが客を待つのではない。客がエスプレッソを待つのだ」という格言があります。

その言葉どおり、エスプレッソはお客様の注文を受けてから一杯一杯作られます。

カフェオレは、深煎りコーヒーに牛乳を1対1の割合で混ぜた飲料のことです。

原料はほぼ同じですが、牛乳を主役とするのがコーヒー牛乳で、コーヒーの味わい方の1つがカフェオレです。

市販のコーヒー牛乳には、約15mgのカフェインが含まれています。

一方、カフェオレには、約70~80mgのカフェインが含まれています。

コーヒー牛乳は、生乳を主原料に、各種乳製品(脂肪やたんぱく質など)、コーヒー抽出液、植物油、調味料、香料、色素を加えた物です。

このように、コーヒー牛乳というのは、人工的に作られた味なんですね。したがってカフェイン量は少ない物がほとんどです。

カフェオレは、牛乳とコーヒー抽出液の割合が1対1が基本ですので、これに従えばコーヒー牛乳よりもカフェインの量が多くなります。

このように、【コーヒー牛乳とカフェオレ】のカフェインを比べてみただけでも大きな違いがあります。

コーヒー牛乳の名称と成分について

「コーヒー牛乳」という名称は、2003年から商品名に使用できなくなったのは知っていましたか?

生乳100%のものしか「牛乳」と表記することができなくなりました。

それまで「コーヒー牛乳」を呼んでいた商品も、「カフェオレ」「カフェラテ」などという名称に変わりました。

いずれの商品名も、 2003年の飲用乳の表示に関する公正競争規約(認定 2001年7月10日 2001年公正取引委員会告示第17号)を回避するために変更になりました。

実際の商品名には、「ミルクコーヒー」、「カフェ・オ・レ」、「カフェ・ラテ」などとつけられています。

「フルーツ牛乳」も同じで、現在では「フルーツオレ」と呼ばれています。

かつてコーヒー牛乳と呼ばれていたものも、現在飲料として販売されているカフェオレも、中身はほぼ一緒、ということになります。

江戸時代に【コーヒー牛乳】はあった?

結論から言いますと、江戸時代にコーヒー牛乳はありませんでした。

コーヒー牛乳の歴史は、1920年(大正9年)12月20日に守山乳業が製造した製品を東海道本線国府津駅の駅弁店である東華軒売店で販売されたことが最初と言われています。

これが歴史的なヒット商品の始まりでした。

発売当時は高価なものにもかかわらず、かなりの好評を得ていたようでした。

そんなコーヒー牛乳ですが、1943年(昭和18年)には、”眠気覚まし”用の軍事用品として正式採用され常備されるまでに普及していました。

ただコーヒーは江戸時代にもありました。

蘭癖(らんぺき)と呼ばれた西洋かぶれの大名などには愛好家もいました。

牛乳の方は一般的でなく、もともと日本人が獣肉を食べることを忌避していたので、飲んでいる人がいたとしても相当な変わり者とされたはずです。

その証拠に、江戸中期の人物で、大黒屋光太夫一行が船で漂流し、ロシアで難民になったとき、ロシア人に白くて美味しい汁を出されたが、その正体が牛の乳だと知った途端に飲めなくなったとの記述があるそうです。

ちなみに日本初の牛乳の商取引は開国後、米大使ハリスが病気になったとき、メイドとして雇われた「唐人お吉」が農家で買い求めたのが最初と言われています。

このように、江戸時代にコーヒーと牛乳を混ぜる考えはそもそも生まれなかったと思われます。

当時のコーヒーの飲み方は全くの「ブラック」だったらしいです。ミルクも砂糖も一切いれないコーヒー。それも、かなり濃く沸かしたもので、カフェイン濃度は非常に高いもので中毒性もかなり高いとの記述もあります。

その証拠に、「カフェインが麻薬であるか否か」は昔から盛んに討論されていましたし、コーヒーを飲めば、カフェインの効能でいい気分になるみたいな少々、危険なものでした。

【SNSで話題】コーヒー牛乳を使ったおすすめフード&ドリンク!